« 八千穂レイク走行会2008 | トップページ | 群サイ2回目、しかし・・・ »

2008年2月19日 (火)

(バブル入社世代の随想)私がラリーを始めたきっかけ

注:この文章は私が元々社内報への投稿依頼があり、執筆?したものですが、その後会社の統合騒ぎがあってお流れに、数年間私のパソコンの中で放置されていました。今般会社のパソコンの入れ換えがあるのでファイル整理をしていたらこの原稿を発見、もったいないと思って少々修正したものであります。この後にラリーとは何か?とか書いていますがそれは割愛しました。

==============================

大学2年の秋に運転免許証を取得するまで車には全く興味が無かった。

モテたいあまりにローンを組んで中古のSILVIA(あの「アッシー」シルビアだ)を買ったはいいが金が続かず、私に吉牛をおごらせた大学のテニスサークルの同期を見て、クルマなんか・・・と思っていた。
(注:あたかも時代はバブルの真っ盛り、クルマ(外車の方が良い、BMW3シリーズを「六本木カローラ」などと
   「タカビー」女がぬかしていた)、「イタめし」、「赤プリ」がモテるための必須アイテムであった・・・)

そんな私が免許を取るや否や車雑誌を買い漁り、思案の挙句、大学卒業と同時に買った車が中古のスカイライン(R30)。鉄仮面か、7THスカイラインのGTS-Xが欲しかったが金が無くて普通のGTだった。夏はBBQ、冬の週末は皆スキーに行っていたご時世(関越の渋滞のすごさは今の比ではなかった)、私の車も大活躍であった。

2台目は新車同様の中古RX-7。(FC3S)無理して買ったのでガソリン代が無くて(ハイオク仕様でないのは幸いであったが燃費はリッター5キロ!!プリウス4台分だ)、週末はひたすら洗車する日々が続いた。スキーにも行けないこの車、買って四ヶ月後、小遣いの全てを車に持っていかれる生活が嫌になり、手放してしまう。。。

その後何台かを乗り継ぎ、R32スカイライン(タイプM)に乗ってから本格的にモータースポーツを志すようになった。いつしかサーキットなども走るようになり、それなりのタイムも出るようになって、少々天狗になってきた。忘れもしない2002年6月、とあるジムカーナ競技会に出たはいいが、参加36台中36位、オーバーオールで最下位だった。

やはり自己流ではいけない、本気でモータースポーツをやりたいなら技術のある人に学ぶべきだと思い、敗戦のショックも癒えない同じく2002年6月、自宅から近かったRSCCに入会した、というのがラリーを始めたきっかけである。。

以上、死語を連発し恐縮であるがよそじのバブル入社おやぢの戯言と受け止めて頂ければ幸いである。
(一応、「」を付けた言葉が死語だと認識しているがそれ以外に「お前、これ死語だよ・・・」というのがあればご指摘頂ければ幸甚であります)

|

« 八千穂レイク走行会2008 | トップページ | 群サイ2回目、しかし・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八千穂レイク走行会2008 | トップページ | 群サイ2回目、しかし・・・ »